/

千葉銀行、取引先の脱炭素支援でゼロボードと提携

千葉銀行は取引先の脱炭素経営の取り組みを支援するため、スタートアップのゼロボード(東京・港)と業務提携した。同社が提供する温暖化ガス排出量を算定・可視化するサービスの導入支援や、脱炭素化を支援する融資制度の提案などを進める。

ゼロボードのクラウドサービス「zeroboard」を取引先に紹介し、導入を支援する。同サービスでは、自社の事業活動での排出量だけでなく、サプライチェーン(供給網)の排出量も可視化できる。千葉銀とのシステム連携も検討し、取引先企業の利便性を高める。地方自治体に対しては温暖化ガスの排出を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」の提案も実施していく。

千葉銀ではSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを後押しする融資商品を提供している。中小企業向けの融資商品も取り扱っており、取引先のSDGsの取り組みを推進している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン