/

足利銀行、福島の太陽光発電会社にグリーン融資

足利銀行は福島県南相馬市の太陽光発電事業者、Soma Clean Energyにグリーンローンの枠組みで7億5000万円融資したと発表した。融資期間は18年間で、同社は全額を太陽光発電所の建設に充てる。融資にあたり格付投資情報センター(R&I)から資金の使途や環境事業の内容に関する評価を取得した。

足利銀は2021年6月からESGファイナンスの一環として環境事業に限定し、第三者機関の評価が必要なグリーンローンと、私募債のグリーンボンドを始めた。同行がこの枠組みを活用して融資するのは初めて。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン