/

この記事は会員限定です

新潟三越伊勢丹、デジタルと融合加速 牧野社長

[有料会員限定]

新潟三越伊勢丹(新潟市)はリアル店舗とデジタルの融合を進める。地元産品を集めた「NIIGATA越品」の同社独自のネット展開を検討するほか、新潟伊勢丹や県外店舗などと県内のサテライト店を結んだオンライン販売を強化する。三越伊勢丹の三越日本橋本店長などを歴任し4月に就任した牧野伸喜社長に新型コロナウイルス禍後も見据えた戦略などを聞いた。

――新潟三越が2020年3月に閉店し、百貨店は1店舗になりました。

「閉店は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン