/

この記事は会員限定です

ドローン活用、宮崎・高知先行 農地調査や被災状況把握

データで読む地域再生

[有料会員限定]

ドローン(小型無人機)を2021年度時点で実用化した自治体は全体の1割まで増えてきた。人材や財政面で大きな負担となる農地や橋の点検などに活用し省力化につなげる。人口集中地区の飛行制限など規制が強まる現状を逆手に自由な飛行が楽しめる地域へ愛好家を呼び込む「ドローンツーリズム」の模索も始まった。

経済産業省の「自治体のドローン・自動配送ロボット等の利活用促進に向けた調査」(21年度)によると、都道府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン