/

この記事は会員限定です

ワクチン供給減 都内自治体、接種計画見直し急ぐ

[有料会員限定]

国からの新型コロナウイルスワクチン配分量が7月から急減するのを受け、東京都内の自治体が接種計画の見直しを迫られている。練馬区は住民接種の完了時期が想定より1カ月ほど遅れる可能性が浮上しており、豊島区は新規予約の受付をいったん停止した。自治体は二転三転する政府方針に翻弄されている。

「ワクチンの供給に急ブレーキがかかったため、9月以降の予約枠は半分にするよう診療所に呼びかける必要があるかもしれない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン