/

ドコモ系など、長野駅でシェアサイクル 行動変化調査

善光寺の御開帳に合わせ、長野駅で観光客に電動アシスト付き自転車を無料で貸し出す取り組みが始まった。ドコモCS、JR東日本、東京海上日動火災保険、NTTデータ信越が共同で提供する。全地球測位システム(GPS)を使い、観光客の行動の変化を検証する。アンケートも実施し、今後のシェアサイクル事業の展開に生かす。

長野駅の改札口前に受付ブースを設置した。利用者は受付で鍵を解除するためのICカードを受け取り、駅前の駐輪スペースから自転車に乗ることができる。新型コロナウイルスが流行するなか、人同士の接触を避ける交通手段としてのニーズもとりこみたい考えだ。

開始後、初の週末となった9~10日には、20台の自転車が全て貸し出された時間帯が発生するなど人気を集めている。5月末まで実施する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン