/

秋田の鈴木又五郎商店、玄米パンケーキミックスを開発

老舗コメ卸の鈴木又五郎商店(秋田県湯沢市)は秋田県産米あきたこまちを使った「玄米パンケーキミックス」を開発した。米どころの秋田でも子どもたちのご飯離れが進んでいる。軽食などで手軽に食べられるように工夫し、「食育」の視点から子どもたちがコメに親しむきっかけにする。

通常、米粉にするコメは米粉用米を使うが、この商品は主食用米が原料。主食用米は粒が欠けると出荷できないケースが多い。こうした原料を使うことで食品ロスの削減に役立てる狙いもある。

小麦を使わない「グルテンフリー」で、小麦アレルギーを持つ人も安心して食べられる。焙煎(ばいせん)しているため玄米のぬか臭さがなく、米粉ならではのモチモチ感もある。着色料や調味料、保存料など添加物も使っていない。

プレーンとイチゴの2種類があり、価格は100グラム入りで350円。業務用は1キログラム入りで2100円。県の補助金を活用して開発した。湯沢市ビジネス支援センターが協力し、クラウドファンディングのサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。6月から本格販売する計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン