/

東証プライム市場、静岡県内東証1部企業の8割上場へ

東京証券取引所は11日、4月に発足する3つの新市場に所属する企業を発表した。静岡県に本社がある東証1部上場企業の80%にあたる20社が実質最上位の「プライム」市場に上場する。プライム市場の上場基準を満たさない企業のうち2社が基準達成に向けた改善計画を出す一方で、5社はプライムに次ぐ「スタンダード」市場を選ぶなど対応が分かれた。

新市場はプライム、スタンダード、グロースの3区分があり、それぞれの区分について株式流動性とコーポレートガバナンス(企業統治)に関する上場維持基準を設けている。例えば、プライム市場上場企業は流通株式時価総額が100億円以上である必要がある。

東証は2021年夏に各市場区分の基準に適合するかの一次判定結果を各社に通知。これを受け、県内の1部上場企業25社のうち基準を満たしたスター精密静岡ガスなどの大手企業がプライム選択を取締役会で決議した。静岡銀行など上場地銀3行はいずれもプライム市場に移る。

ヤマハはプライム市場移行について「引き続き、グローバルに株主、投資家の皆様との対話を行う中で中長期的な企業価値の向上に努めていきたい」とコメントした。

プライム市場の基準を満たさない一部上場企業も希望すれば経過措置基準を適用することでプライム市場を選択できるが、改善計画を策定して開示する必要がある。

工作機械メーカーのエンシュウはプライム市場の上場維持基準のうち流通株式時価総額と1日平均売買代金が基準を満たさなかったが、適合に向けて収益を高めて株価上昇をめざす計画書をまとめた。山下晴央社長は「グローバル市場を開拓するためには『プライム』の信用力は大きい。情報開示などの負担は重いが、乗り越えてでもやる意義がある」とプライム選択の理由を説明した。

一方で、プライム市場の上場基準を満たさなかったため、身の丈にあったスタンダード市場を選択した企業もあった。

焼津水産化学工業は流通株式時価総額と売買代金のプライム基準を満たさなかった。昨夏にプライム上場を目指すと表明したが、「維持基準の達成には今後さらなる労力や費用が必要になる」として市場を変更した。

自動車部品エアバッグ大手の日本プラストは流通株式時価総額がプライム市場の基準値を下回った。豊田剛志取締役は「無理をしてプライム市場を狙うのでなく、時間をかけて企業価値を高めたうえでプライム市場を目指したい」と語る。

自動車内装材の共和レザーもスタンダードを選択。プライム上場維持基準のうち流通株式時価総額と1日平均売買代金を満たさなかった。同社は「収益力など現時点の実力を冷静にみて、基準適合に向けた計画書を出してもプライム基準を達成するのは容易でないと判断した」と説明した。

秀英予備校は流通株式時価総額と売買代金が基準値を大きく下回っており、プライム市場の申請が難しいと判断した。

はごろもフーズなどの東証2部に上場する県内企業や協立電機などのジャスダック市場に上場する県内企業はスタンダードに上場する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン