/

この記事は会員限定です

国内初の女性樹木医、浜松の植物園を再生

静岡 維新WOMENに聞く⑤

[有料会員限定]

国内の人口減少や新型コロナウイルスの感染拡大など、地方の観光地を取り巻く環境は厳しい。生き残りをかけ、選ばれる場所になるには何が必要なのか。浜松市の公営植物園「はままつフラワーパーク」を、静岡県の代表的な観光地の1つに再生させた、浜松市花みどり振興財団理事長の塚本こなみさんに聞いた。

――財団が運営するフラワーパークは集客力が落ちた時期がありました。

「1970年の開園以来、年間50万人以上が来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン