/

この記事は会員限定です

福井最大の道の駅「稼ぐ土壌つくる」 大野市の石山市長

トップの視点

[有料会員限定]

福井県内最大規模の道の駅「越前おおの 荒島の郷」(同県大野市)が22日開業する。中部縦貫自動車道の整備や北陸新幹線の福井県内延伸と、同市では数年後、高速交通網によるヒト・モノの流れが大きく変わる。市は4月、新たな産業団地の全区画分譲も始めた。持続可能なまちをいかにつくっていくか、石山志保市長に聞いた。

--地域振興の方向性について聞かせてください。

「長期的に言えば、持続可能なまち・地域づくりが私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン