/

この記事は会員限定です

「酒米の王様」山田錦生産で栃木躍進 獺祭向けけん引

[有料会員限定]

代表的な酒米である「山田錦」の生産が栃木県で急拡大している。農林水産省のまとめによると2020年産の同県の検査数量(速報値)は986トンで全国4位、東日本では最多だ。数量は15年産の2.4倍になる。けん引役は人気の日本酒「獺祭(だっさい)」用に生産する契約農家。品質で高い評価を受ける農家も出ている。

兵庫県生まれの山田錦は「酒米の王様」とも呼ばれ、多くの酒造会社が高級酒などに使っている。20年産の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン