/

この記事は会員限定です

三浦半島、滞在型観光地へ 地域ぐるみでMaaS活用

地域のチカラ 街のイノベーション

[有料会員限定]

神奈川県南東にある三浦半島は海、山などの自然環境が人気の観光地だ。都心から1~2時間という利便性が売り物の一方、客の多くが日帰りしてしまう課題を抱えている。このため京浜急行電鉄が自治体や地元企業などと組み、次世代移動サービス「観光型MaaS(マース)」を活用して滞在型観光地への脱皮を目指している。

「一元的に集客につなげられる観光DX(デジタルトランスフォーメーション)の本格的な基盤が整った」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン