/

この記事は会員限定です

大坂靖彦氏(13) 松下系脱退、マツヤFCに

大坂塾塾長 若者よ、大志を抱け

[有料会員限定]
 昭和53年(1978年)に松下電器産業(現パナソニック)系列を脱するも、互助会の力に限界を感じた。

当時はまだ大手家電メーカーが絶大な力を持っていた時代です。しかも四国は「松下王国」と称されるほど松下の影響力が強い地域です。ところが、系列店がお互いの商圏を食い合うようになるなど成長余地が限られつつありました。さらに全国では家電量販店が出店攻勢を続け、両陣営の成長率には雲泥の差が生じていたのです。

危機感を募ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

詳細はこちらから

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン