/

この記事は会員限定です

放射性ヨウ素技術で病院支援 水戸の化研、甲状腺疾患で

[有料会員限定]

甲状腺疾患を治療するため放射性物質のヨウ素(ヨード)を使う病院を支援する技術を水戸市の先端化学企業である化研が開発した。独自の活性炭技術を応用し、患者の尿に含まれるヨウ素を吸着する仕組み。病院は排水処理設備にヨウ素が流れるのを抑えることで、患者の受け入れを増やせる。

甲状腺疾患は国内患者数が500万~700万人と推計され、特に女性に多い。ホルモン過剰で起きる代表的な「バセドウ病」は甲状腺の腫れ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン