/

大光銀、営業本部・個人向け部署新設 SBIとの連携強化

大光銀行は営業部門を再編する。新設する営業本部が司令塔となって複数の部や支店などの一体化を進め、地方創生や新型コロナウイルス禍で業績が悪化している事業者の資金繰り支援や事業再生に力を入れる。個人向けにリテール営業部を新設し、顧客の需要に応じてきめ細かな資産運用助言をめざす。

大光銀はSBIグループとの提携を生かしデジタル対応も加速する(長岡市の本店)

再編は25日付。同行の営業部門の抜本的な再編は16年ぶり。これまで法人営業を手がけてきた営業統括部の法人営業グループを地域産業支援部に移管。新設する営業本部が部や支店などの連携を後押しし、企業の資金調達・事業承継・海外進出などにきめ細かく対応する。また、総合企画部にデジタル戦略推進室を設け、業務改革やデジタル対応を加速する。

個人向けにリテール営業部を新設。従来は営業統括部のリテール営業グループなどが担ってきたが、独立の部にして専門性を高める。超低金利が長引くなか、国内外の株式や投資信託など提供する金融商品を多様化する。5月13日から金融商品仲介で業務提携を始めたSBIホールディングス傘下のSBI証券との連携を生かす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン