/

東北は「ジョジョ」「釣りキチ」、アニメ聖地が7年で6倍 

データで読む地域再生 東北

東北地方でもアニメに登場した舞台などを訪れる「聖地巡礼」が活発だ。民間サイトによると2021年4月時点で東北6県は計358件の掲載があり、この7年で6倍に増えた。舞台となる作品が多い福島県を中心に大きく伸びた。地域活性への期待も集まるが、観光資源化にはハードルもある。

M県S市杜王町。1986年から連載が続く漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ第4部、8部の舞台だが、そのモデルとされるのが仙台市だ。作者の荒木飛呂彦氏の出身地でもあり、多くのファンが足しげく通う。

「カメラを持った若者がよく写真を撮っていきますよ」。同作に登場する花京院典明の由来となった仙台市青葉区花京院に訪れると郵便局利用者の女性はこう話していた。江陽グランドホテルや仙台港なども架空の名称で作中に描かれる。

同作品を観光に結びつけようと、仙台市は12年、17年と河北新報社などと原画展を開いた。作中に登場する場所などを周遊できるよう期間限定でマップを作成した。地元の工芸品「玉虫塗」で作ったポストカードの販売などで話題を集めた。

作品と実際のイベントの融合による集客の試みもある。仙台市中心部の「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」と、ジャズを題材とした漫画「ブルージャイアント」のコラボだ。

同フェスティバルは例年、国内外から800組近くのバンドが出演し、70万人超を動員する。仙台市は19年、主人公がサックスを練習した広瀬川の土手などを巡るマップを1万部作成。フェスティバル期間中に配った。

百貨店の藤崎(仙台市)も同期間中に作者の石塚真一氏のトークショーや原画展を開き、作品とのコラボ商品も発売した。「普段とは違い、遠方からの来客があった」(藤崎の担当者)と手応えを感じており、21年もコラボ企画を検討中だ。

アニメ聖地は19件と東北最少の秋田県だが、横手市の田園風景の中に静かにたたずむ「横手市増田まんが美術館」には熱心なファンが集まる。

漫画の原画保存を核にする全国初の本格的な文化施設だ。「釣りキチ三平」などの代表作がある地元出身の矢口高雄さんをはじめ、国内外の漫画家の40万点を超える原画を収蔵している。

20年度は苦難の年だった。新型コロナウイルス禍での休館、名誉館長を務めた矢口さんの死去、今年初めの記録的大雪――。それでも今後の運営について「ヒントを得られるデータがあった」と大石卓館長は話す。

20年度の入館者数は19年度から4割減ったが、有料の特別展による入場料収入は7%増えた。大石館長は「コロナ禍にあってこれまで以上に目的意識を持った人たちが訪れてくれた」と分析。「美術館は不要不急に分類される施設ではあるが、人々の趣味や嗜好は日常生活に必要な要素でもある」と指摘する。

聖地巡礼を継続的なまちおこしや地域活性につなげるには課題もある。仙台市は多くの作品の舞台になったが、集客策は原画展など一時的なイベントの開催にとどまる。

仙台市文化観光局の担当者は「出版社との権利関係上、キャラクターや作品を継続して使うのは難しい」と話す。

データで読む地域再生

ファンによるブログやキュレーションサイトと異なり、自治体が聖地マップなどを継続して掲載するには複雑な手続きがいる。聖地の観光資源化には地元企業や市民、出版社などと一体になった発信が求められる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン