/

この記事は会員限定です

接種率最高は山形市の56% 1日時点、地域差大きく

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの接種率で大きな地域差が出ている。日本経済新聞社が全国主要都市の接種状況を調べたところ、2回目が終わった住民の割合は最も高い山形市で56.6%に上る半面、20~30%台にとどまる自治体もある。現役世代への接種の進み具合が全体の進捗に影響している。

県庁所在地と政令市、東京23区の74市区を対象に1日時点の年代別接種実績(医療従事者含む)を調査し、71市区から回答を得た。山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン