/

この記事は会員限定です

神奈川の自治体、企業連携を仲介 地域課題解決へ

[有料会員限定]

神奈川県内の自治体が地域の課題解決や産業振興のために、企業・団体のマッチングに力を入れている。横浜市は課題解決に産学のデジタル技術を活用するための情報基盤を整える。相模原市はSDGs(持続可能な開発目標)推進のため企業の連携を仲介する。地域特性に応じて特定分野にテーマを絞り、連携効果を高める狙いだ。

横浜市は4月から、産官学などの共創プラットフォーム「YOKOHAMA Hack!(ヨコハマ・ハッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン