/

この記事は会員限定です

ふるさと納税、関東圏でも地域の魅力訴える手段に

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

返礼品の過当競争が問題になったふるさと納税制度が、関東圏でも新たな自治体間の競争を生み出している。新制度になった2019年度以降の寄付額を見ると、減収の自治体が多い中、2年連続で額を伸ばす自治体もある。地元の魅力や取り組みを全国に発信する手段としてふるさと納税を拡大できれば、新型コロナウイルス禍に苦しむ地域にとって追い風になりそうだ。

埼玉県中央部に位置する吉見町。18年度に21万円だったふるさと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン