/

指定都市市長会長に浜松市の鈴木市長

全国20の政令指定都市でつくる指定都市市長会は10日、浜松市の鈴木康友市長が新会長に就任したと発表した。前会長の林文子前横浜市長の退任に伴う会長選で推薦を受け、初当選した。他に候補者はいなかった。任期は林氏の残任期である2022年3月末まで。

鈴木市長は同日、浜松市役所で記者団に対し「20市で連携し、政令市の発信力をさらに高めたい。国と地方の新たな関係性についても探っていく」と話した。

鈴木市長は07年に浜松市長に就任し、現在4期目を務める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン