/

埼玉県、高齢者接種7月20日前後に完了見通し

埼玉県の大野元裕知事は10日、新型コロナウイルスの高齢者接種が7月20日前後に完了する見通しとなったことを明らかにした。県医師会と連携して個別接種に協力するかかりつけ医や診療所を増やし、集団接種と合わせて県全体で1日6万回接種できる体制を整えた。

報道陣の質問に答える埼玉県の大野元裕知事(10日、埼玉県庁)

県は高齢者接種と並行し、12日からは警察官を対象とした優先接種を始める。各市町村には7月末までに全市民に接種券の発送を求め、8月からは交通や電気ガス、小売店などの従業員、小中学校の教員ら県民生活に欠かせない「エッセンシャルワーカー」への優先接種を本格化する方針だ。

集団接種に加え、かかりつけ医などでの個別接種を増やして高齢者への接種が進むと県は判断し、県医師会と合同で各郡市の医師会に対し、診療所などでの接種を拡充するよう要請した。その結果、1日あたり2万8000回程度だった個別接種を同4万回程度まで拡充した。大野知事は「市町村には個別接種をする医療機関へのワクチン移送手続きを進めてほしい」として、早期の接種完了に向け、市町村への全面協力を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン