/

この記事は会員限定です

千葉市、スクラップ野積みに初の許可制 5月から罰則も

潜望展望

(更新) [有料会員限定]

千葉市は2021年11月、金属スクラップなどを再生可能な資源物として野積みで保管する「スクラップヤード」の設置を許可制とする条例を施行した。22年5月からは違反すると刑事罰も科す。許可制や厳罰を取り入れた全国初の条例で野放図な設置に網を掛け、火災などのトラブルを防ぐ。

市内のスクラップヤードは自然が残る若葉区に集中している。住宅街の中に設置されている保管場所も多く、過剰な積み上げによる火災の発生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン