/

富山の大阪屋ショップ、子会社のスーパー2社を吸収合併

食品スーパーの大阪屋ショップ(富山市)は10日、子会社のキョーエイ(同)とまるまん(同)を7月1日付で吸収合併すると発表した。間接部門を一体化し、効率的な経営を目指す。

大阪屋ショップは子会社2社を吸収合併する(富山市内の店舗)

大阪屋ショップグループは富山県と石川県で計45店程度を展開し、キョーエイは富山市に3店舗、まるまんが富山県滑川市に2店舗を持つ。合併後は店名を「大阪屋ショップ」に統一する。キョーエイは16年、まるまんは18年に大阪屋ショップの子会社になっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン