/

この記事は会員限定です

静岡・山梨の地銀、中部横断道で連携 取引先支援加速

しずおか現在・過去・未来

[有料会員限定]

11月2日、静岡県西部を中心にドラッグストアを展開する杏林堂薬局(浜松市)本社で開いた商談会で、明野九州屋ファーム(山梨県北杜市)の矢ケ崎秀樹営業部長はケチャップなどトマト関連商品を売り込んだ。

商談会は静岡銀行山梨中央銀行が共同で開いた。明野九州屋ファームは山梨中銀の取引先で、矢ケ崎営業部長は「関東が中心だった販路を東海地方に広げたかった」と参加した狙いを話す。

静岡銀と山梨中銀は2020年10月、包括業務提携を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン