/

埼玉りそな銀行、SDGs私募債取り扱い開始

埼玉りそな銀行は企業が私募債を発行する際にかかる手数料の一部を埼玉県に寄付する「埼玉りそなSDGs私募債~埼玉150周年記念ファンド」の取り扱いを始めた。埼玉県が取り組む環境保全や医療機関などの支援に役立てるほか、県誕生150周年を盛り上げる。

同行が2020年6月に提供を始めた「埼玉りそなSDGs私募債~新型コロナ医療支援ファンド」から引き継ぐ。従来商品では県の「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」に寄付していたが、寄付先を拡充して環境、子育て、産業育成、医療支援の4つのテーマから選べるようにした。

寄付金は発行額の0.1~0.2%相当額に設定した。発行条件は5000万円以上で、取扱期間は22年3月31日まで。総額が150億円に達した時点で終了する。私募債は公募債と比べて中小企業でも発行しやすく、社会貢献活動と資金調達の両立を後押ししていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン