/

この記事は会員限定です

鈴与社長「中部横断道10年の計」 清水港活用の追い風に

中部横断道 静岡―山梨全通 トップに聞く㊤

[有料会員限定]

国などが整備を進めてきた中部横断自動車道の静岡―山梨間が8月末に全線開通した。物流大手、鈴与の鈴木健一郎社長は南北の大動脈と言える高速道路開通を「10年の計」と位置付け、運営する清水港の利用促進に向け、甲信地域の企業への営業を強化してきた。交通の利便性が高まることで物流事業の追い風になると見る。今後の展望を静岡、山梨経済界のキーマンに聞いた。

――甲信方面と清水港(静岡市)をつなぐ中部横断道が全線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン