/

山梨県、あつ森に「しんげん島」第2弾

「かいのくにしんげん島」第2弾では山梨の観光地にスポットを当てた(山梨県のサイトから)

山梨県は任天堂のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)の中に「かいのくにしんげん島」の第2弾を公開した。しんげん島に行くための「夢番地」を、県のサイトに掲載している。2月に公開した第1弾も引き続き楽しめる。2021年は戦国武将・武田信玄生誕500年の節目の年。11月の記念行事に向け第3弾も制作しているという。

第2弾は夏休みということで、県内の観光地にスポットを当てた。日本遺産に認定された甲府市の昇仙峡をはじめ、富士山と五重塔が同時に見られる様子を再現した。ブドウ棚やミレーの絵で知られる山梨県立美術館、特産の郡内織物の産地である郡内地域(富士吉田市、西桂町、都留市、大月市、上野原市)の紹介なども盛り込んだ。

第1弾は山梨県最大級の祭り「信玄公祭り」などを再現した。信玄公祭りは甲府市で毎年春に開催されるが、今年は新型コロナウイルスの影響で10月22~24日の開催を予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン