/

四国各県、コロナ新規感染者の最多更新相次ぐ

香川県は10日、新型コロナウイルスの感染力が強いとされる派生型「BA.5」の対策を強化するため「BA.5対策強化宣言」を発令した。感染拡大は四国各県で続いており、同日には香川、徳島、高知の3県で、1日あたりの新規感染者数が過去最多を更新し、いずれも1000人を大きく超えた。お盆休みを控え、各県は医療体制の逼迫を警戒している。

香川は1882人、徳島は1454人、高知は1445人をそれぞれ確認した。9日に最多の2841人を確認した愛媛は2514人だった。香川は3人、高知は7人、愛媛は2人の死亡も発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン