/

この記事は会員限定です

予約不要・医師会連携 ワクチン接種、医師市長の現場解

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの接種体制で、京都府舞鶴市と福島県相馬市が注目を集めている。両市とも予約不要で地区ごとに集団接種する仕組みを取り入れ、大都市に比べて病院や医療従事者が乏しい地方で高齢者への接種を進めている。医師出身の経験を生かし、地元医師会や病院との調整でも前面に立っている。

人口約7万8000人の舞鶴市は5月中旬から高齢者向けの集団接種を始めた。対象者には接種の希望の有無を確認するはが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン