/

焼津水産化学、純利益21%減 21年3月期

焼津水産化学工業が10日発表した2021年3月期の連結決算は、純利益が前の期比21%減の2億5000万円だった。売上高は4%減の143億円。新型コロナウイルスの感染拡大で、外食産業向けを中心に調味料の販売が落ち込んだ。

22年3月期の連結純利益は前期比3.4倍の8億5000万円を見込む。収益認識に関する会計基準を適用する売上高は120億円の見通しだが、健康食品向け機能性素材などが伸びる。政策保有株式の売却益5億6000万円を織り込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン