/

この記事は会員限定です

「柑橘王国」愛媛、急傾斜地で探るスマート農業

愛媛柑橘 再興に駆ける㊤

[有料会員限定]

2018年産で柑橘(かんきつ)収穫量日本一の座から初めて陥落した愛媛県が、直近の統計の19年産で「柑橘王国」に返り咲いた。愛媛ブランドは国内で高い評価を得るが、高齢化による人手不足や農業インフラの老朽化が進んで産地の維持は厳しさを増す。人口減少による国内需要の落ち込みも課題だ。課題が山積するなか産地再興の岐路に立つ柑橘王国のいまを追う。

2月中旬、愛媛県八幡浜市の山あいにあるミカン園地で、ブーン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン