/

埼玉・川口市、中小企業向け優先枠 ワクチン接種

埼玉県川口市は中小企業の従業員向けに新型コロナウイルスワクチンの優先枠を設けると発表した。川口商工会議所と鳩ケ谷商工会を通じて希望者のリストをまとめてもらい、市が医療機関と調整する。

市内に事務所を構える中小企業の従業員や個人事業主のほか、同居する配偶者も対象とする。職場での接種ではなく、市内の医療機関で接種してもらう見込み。国は21日から大企業や大学から職場での集団接種を始める方針だが、市内に大企業は少なく約2万2000ある事業所のほとんどが中小企業などだ。担当者は「川口市は中小企業のまち。早い段階での接種を望む企業の手伝いになれば」と話した。

同市はそのほか教職員や保育士、医療従事者の同居家族にも同様の優先枠を設ける方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン