/

この記事は会員限定です

中四国自治体のAI活用、松山市は飼い犬登録にも近く導入

データで読む地域再生

[有料会員限定]

中四国でも自治体の業務に人工知能(AI)を活用しようとする動きが活発だ。総務省が自治体に共通する標準的な32業務のうち、いくつにAIによる補助を実施・検討しているのかを全国の市町村に調査したところ、中四国でAI活用に最も前向きなのは山口県宇部市と松山市で、次いで高松市の順となった。書類の読み取り、議事録作成、保育所の入所選考などの効率化に役立てている。

1位となった山口県宇部市は32業務中8業務に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン