/

この記事は会員限定です

山形県、コロナ対策などに210億円 9月補正案

[有料会員限定]

山形県は10日、新型コロナウイルス感染症や今春の凍霜害への対策などとして210億円を増額する9月補正予算案を発表した。補正後の2021年度一般会計の総額は7162億円となる。

飲食関連業者の家賃支援やコロナ後を見据えた中小企業のデジタル化投資支援、公共交通の維持に向けたバス・タクシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン