/

この記事は会員限定です

IR候補地、大阪・和歌山・長崎に 横浜市撤退宣言で

[有料会員限定]

横浜市の山中竹春市長は10日の市議会で、カジノを含む統合型リゾート(IR)について「誘致の撤回を宣言する」と表明した。本命視された横浜市の撤退で、誘致活動を進めるのは西日本の3地域のみとなった。整備地域を選ぶ政府の判断に影響を及ぼす可能性もある。

政府は10月から2022年4月まで、IRの区域整備計画の申請を受け付ける。最大3カ所が選ばれる見通しだが、現在申請準備を進めるのは大阪府・市、和歌山県、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン