/

この記事は会員限定です

イズミ、店舗ごとにROIC導入へ 脱「肥満体」で再成長

広島支局 田口翔一朗

[有料会員限定]

中四国地方で総合スーパー(GMS)首位のイズミが経営の岐路にたっている。市場が限られ競争が激しくなる中、積極的な出店やM&A(合併・買収)で利益を伸ばす手法には限界が見えてきた。度重なる投資で増え続ける資産をどう利益に結びつけるか。再成長へ向けて検討を始めたのは店舗ごとのROIC(投下資本利益率)の導入だ。

「売上高が増えれば利益も増えるという考えが強かった。肥満体からの脱却が急務だ」。山西泰明社長はR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン