/

企業誘致施策で7社の投資計画を認定 神奈川県

神奈川県は10日、企業誘致施策「セレクト神奈川NEXT」による支援で7社の事業計画を認定したと発表した。藤田観光京浜急行電鉄がそれぞれ県内で計画しているホテルの新設計画や、中小企業による工場の新設などで、投資規模は7社合計で約249億円となるという。

藤田観光は同県箱根町に新ホテルを建設し、2023年の開業を目指す。京急は横浜市のみなとみらい21地区53街区にホテルを建設し、24年に開業する計画だ。その他の投資計画では、先端素材開発のTBM(東京・中央)が神奈川県横須賀市に、自動車用シートフレームの服部板金工業(横浜市)が同県大和市にそれぞれ工場などを新設するほか、レンズメーカーのシグマ(川崎市)も同市内に新本社を建設するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン