/

この記事は会員限定です

中四国の子育て支援、高松が首位 病児保育に注力

データで読む地域再生

[有料会員限定]

子育て支援の質の向上に向けて、中四国地方の自治体も知恵を絞っている。高松市や高知市などは病児保育の拡充に力を入れ、共働き世帯の子育てと就労の両立をサポートしている。松江市は訪問型の子育て支援を通じて妊婦らのニーズに対応。細かな要望にも応えようとする自治体の姿勢は、子育て世代に選ばれる街づくりに直結する。

中四国地方の自治体(13市が回答)のランキングで首位となったのは高松市。保育環境の整備など幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン