/

この記事は会員限定です

温暖化ガス 政令市最大の川崎市、脱炭素へ官民連携

News 潜望展望

[有料会員限定]

政令指定都市の中で最も多くの温暖化ガスを排出している川崎市が、溝口(高津区)で脱炭素のモデル地区づくりを進めている。地元事業者を巻き込み、水素ステーションの新設や再生可能エネルギーの利用などが動き始めた。プロジェクトをさらに進展させるには、地域住民の行動変容を促すための努力が欠かせない。

川崎市は2050年の二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロを目指し、20年11月に脱炭素戦略を発表した。「京浜工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン