/

この記事は会員限定です

休業要請継続、東京都の財政厳しく 財調基金は大幅減

[有料会員限定]

東京都の財政状況が一段と厳しさを増している。百貨店など大型商業施設への休業要請に伴う協力金の負担割合増加などにより、2021年度末時点の都の財政調整基金の残高は21年度予算の編成時から55%減る見通しだ。変異した新型コロナウイルスの脅威が強まるなか、短期勝負で抑え込めるかが都の財政状況を左右する。

全国知事会の10日の会議にオンラインで参加した小池百合子知事は、床面積1000平方メートルを超す大型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン