/

川崎市、臨海部の脱炭素化へ協議会設立

川崎市は12日、臨海部の京浜工業地帯で2050年に温暖化ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を進めるために官民協議会を設立した。市と臨海部に立地する企業など57社が連携し、脱炭素化に向けて様々なプロジェクトを創出していく。

「川崎カーボンニュートラルコンビナート形成推進協議会」と「川崎港カーボンニュートラルポート形成推進協議会」を新設し、合同で協議する。両協議会は福田紀彦市長を会長に、ENEOSJFEホールディングス昭和電工など臨海部に立地する企業と、水素関連企業、炭素循環関連企業、港湾関連企業、金融機関が参加。学識経験者のほか、オブザーバーとして経済産業省と国土交通省も加わる。

福田市長は「ものづくりの拠点として生き残っていくためには水素戦略などの取り組みは欠かせない。企業、国と連携して推進していきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン