/

劇団四季、ディズニーリゾートで初上演 「美女と野獣」

劇団四季は9日、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート(TDR)内の「舞浜アンフィシアター」で、2022年10月からディズニーミュージカル「美女と野獣」を上演すると発表した。劇団四季がTDRで上演するのは初めて。

劇団四季によると、「美女と野獣」は米ニューヨークの劇場街ブロードウェーで1994年に初演。95年から劇団四季が日本で上演を始めた。今回の公演は、米国での初演時のスタッフが再結集して舞台美術や台本、演出をリニューアルしたもので、中国・上海ディズニーリゾートで18年から20年にかけて上演された舞台と同じ仕立てになるという。

劇団四季の吉田智誉樹社長はTDRを運営するオリエンタルランドとの連携について「心を潤すエンターテインメントは人生で欠かせない。日本のエンタメ界を両社でしっかり盛り上げたい」と話した。オリエンタルランドの吉田謙次社長も「東京ディズニーリゾートを訪れる皆さまに新たな魅力を提供できると確信している」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン