/

この記事は会員限定です

「特別自治市」神奈川県と政令市に不協和音 権限移譲で

[有料会員限定]

政令指定都市の権限や財源を強化し、道府県から「独立」する――。「特別自治市」構想を巡り、神奈川県と横浜市、川崎市、相模原市の3政令市の間で不協和音が生じている。二重行政の解消を主張する政令市側に対して、県は県民生活に大きな影響を及ぼすと否定的な見解を公表。双方の主張は平行線をたどる。人口減少社会に突入し、大都市制度のあり方が問われる中、議論の行方に注目が集まっている。(日経グローカル436号に掲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン