/

この記事は会員限定です

中国電力の滝本社長「日本海で洋上風力の開発検討」

[有料会員限定]

中国電力の滝本夏彦社長は6月の就任後初めて日本経済新聞のインタビューに応じ、今後の経営課題について答えた。再生可能エネルギーの拡大に向け、中国地方の日本海側で洋上風力発電を検討していることを明らかにした。資源価格の高騰で経営環境は厳しいが、滝本社長は石炭火力や原子力の大型電源を着実に稼働させ、収益を回復させる考えも示した。

――就任して1カ月強が過ぎました。当面の課題をどう捉えていますか。

「収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン