/

この記事は会員限定です

地元企業と二人三脚 伊予鉄や伊予銀行、IT活用を支援

[有料会員限定]

愛媛の中核企業が、地域の中小企業へのIT(情報技術)の導入を後押しし、業務の効率化を支援する動きが広がっている。伊予鉄グループ(松山市)は中小企業の事務作業の自動化を支援する新会社を設立。伊予銀行はITサービス導入の相談から運用支援までを一貫して担うサービスを手掛ける。ITサービスの活用支援で地方企業の生産性を高めて活性化につなげる。

伊予鉄グループ傘下のいよてつ総合企画は、定型業務を効率化するRPA(ロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン