/

この記事は会員限定です

公共施設、島根・出雲はコテージ譲渡へ 徳島は長寿命化

データで読む地域再生 中国・四国

[有料会員限定]

中四国でも公共施設を廃止したり、集約化したりする動きが相次いでいる。2016年度から19年度までに保有面積が減少した自治体数の割合で比較すると、都道府県別で島根県が全国2位だった。人口減社会に対応して経費節減につなげるだけでなく、民間への譲渡で新たな施設に衣替えして地域活性化につなげる先進事例も出てきた。

島根県のなかでも、取り組みを加速させているのが出雲市だ。05年に2市4町が合併、さらに11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン