/

この記事は会員限定です

蒸留所、首都圏に続々開設 個性的ウイスキーで人気復活

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

ウイスキーやジンなどを製造する小規模の蒸留所が首都圏で相次いで開設されている。これまで大手酒造会社中心だった分野に中小が参入。各蒸留所が生み出す個性的な味や風味を楽しむ愛飲者が多く、「クラフト蒸留酒」市場は活況を呈している。

埼玉県北東部に位置し、水量豊かな利根川に接する羽生市。東武伊勢崎線と秩父鉄道が乗り入れる羽生駅から徒歩5分ほどの場所に、老舗酒造会社の東亜酒造が2021年2月に開業したウイスキー蒸留...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1324文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン