/

徳島県、飲食店への時短要請 30日まで延長

徳島県は飲食店に対する営業時間の短縮要請を30日まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて県は8月27日から9月12日までの間、営業時間を午後8時まで(酒類提供は同7時まで)に短縮するよう求めていた。新規感染者数の高止まりが続いていることから、期間の延長を決めた。

時短要請に従う飲食店には売り上げに応じて1日当たり3万~7万5000円の協力金を支払う。県立施設の開館を午後8時までとする措置なども30日まで続ける。

県民に警戒を促す「とくしまアラート」の水準は、現状で5段階で一番上の「特定警戒」(国の指標でステージ4相当)になっている。県はこれが3番目の「感染拡大注意漸増」(国のステージ2相当)まで下がれば、9月末の期限を待たずに時短要請を解除する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン