/

この記事は会員限定です

北関東地銀、取引先の海外進出支援 コロナ後見据え

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長期化し地域企業の海外事業が制約されるなか、北関東の地銀が取引先の支援に力を入れている。行政や日本貿易振興機構(ジェトロ)と連携してセミナー開催を増やしたり、現地事務所を活用しPRや現地調査を代行したり。コロナ後を見据えて、新たな展開や成長市場の開拓を後押しする。

常陽銀行は上海やシンガポールなど海外に4つの事務所を持ち、顧客の現地でのビジネスを支援している。顧客に多い中小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン