/

この記事は会員限定です

後継経営者は外部から 大株主はファンド

事業承継 変わる風景㊤

[有料会員限定]

後継者のいない中小企業の経営を新たな外部の経営者が引き継ぎ、株式はファンドが買い取る――。「サーチファンド」と呼ばれる第三者による新たな事業承継の手法が広がりそうだ。2020年以降、10億~50億円規模のファンドの設立が相次ぐ。

サーチファンドは言葉通り、売り手候補となる後継者がいない中小企業を探し出す。外部の経営者候補であるサーチャーが後継者に、ファンドが大株主になり、5~10年で収益力を上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン